Blog

2018/10/22 15:45

▼ お酒が一番美味しい季節、秋

季節はすっかり秋。サンマにお芋に栗、たくさんの食材が出回り、実りの秋が楽しめる季節になりました。

そんな秋は、日本酒も一番美味しい季節なのです。

▼ 【秋上がり】【ひやおろし】って?

冬に仕込み、春先に絞った酒を熟成にたえられるように火入れ(加熱殺菌)を行い、冷たい蔵で貯蔵し夏を超す、そして秋になるころに酒質が向上していることを表現した言葉が【秋上がり】。

因みに、酒質が下がってしまうと【秋下がり】と呼ぶようです。

この【秋上がり】を出荷すること、2度目の火入れをせず(冷や)に卸す、ことから「ひやおろし」とよばれています。

本日は美味しい日本酒を愉しむ為に考え尽くされた錫の酒器をお勧めします。

 

 美味しいお酒を更に美味しく。

冬に絞ったフレッシュな「生酒」に比べ、一度火入れを加えた後に貯蔵庫で夏の間寝かせたために程よく熟成がおこなわれた日本酒は、絞りたての粗さが取れまろやかな丸みが出て味わい深さを楽しめます。

その秋に特別美味しいお酒を更に更に、美味しくしてくれるすずの酒器。

すずは高いイオン効果により優れた殺菌・鮮度保持の機能を持っています。古来より「すずの器に注いだ水は腐らない」「お酒の雑味が抜けて美味しくなる」と言われ生活の中で重宝されてきました。

 

 

▼ すずの酒器「SHIKICOLORS」とは?

すずは錆びや変色に強く、やわらかいことで知られる金属ですが、今回お勧めする「SHIKICOLORS」は肉厚な分、しっかりとしているので実際に手に待ったときには意外な重量感が安心感を与えてくれます。セラミックコート仕上げにより、表面のガラス質のような光沢に七宝焼きのような風合いが出て、触感もとても滑らかです。

「SHIKICOLORS」の底縁にある波のような形状は不思議と、机の上に置いてもぐらつくことがありません。ランダムな凹凸に見えて実はしっかり3点でバランスを取ってます。底は丸みが出るように磨かれているので机を傷つけることなく、重さのために横滑りすることもありません。

 

 

少し個性的、でも機能的なすずの酒器「SHIKICOLORS」で「秋上がり」「ひやおろし」を嗜みつつ気持ち良い秋の夜長を愉しんでみては如何でしょうか?

TOKYOFMの公式ショッピングサイトShops.Love雫では、無料のラッピングサービスを行っています。この機会に大切な方へのプレゼントにもお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

E-mail:shop@tfm.co.jp